① について

① 家計簿アプリで現状はあく

 

まず、固定費を考えるうえで、

何にいくらかかっているのかを正確にはあくする必要がありました。

 

家計簿アプリに関しては、情報がとられるってあやしいな〜

という気持ちもあったんですが、

 

www.youtube.com

 

調べていくなかで、この動画に出会えて、すごく信頼感をもてたので、

マネーフォワードさんを使ってみることにしました。

 

・・・宣伝ではないし、家計簿アプリはいろいろあるそうなので、比較してみてください

わたしは、そこの比較の時間は費用対効果わるいかな、と思ったので

この動画との出会いと、有名だということで、これにしました。

 

口座、クレカはもちろん、

電子マネーやポイントカードに関しても、

現在使っていないものまで、かたっぱしから連携させてみました。

 

そしたら、まあ、溜まってるのに使ってないポイントがたくさんあって、

有効期限までわかっちゃうので、おお!と

 

ポイントだけで、ひと月持ちそうなぐらいでした。

ただの学生にも、思わぬ資産が眠っているものです。

 

そうしたものを表に出してくれただけでも、利用価値があったとおもいます。

 

いまでは、一日数回チェックすることで、節約意識も高まっています。