② について

headlines.yahoo.co.jp

 

さいきん、よくニュースでやっていますよね。

 

わたしにとって、固定費のなかで、非常におおきな割合を占めていた

携帯料金。

 

某3大キャリアを、8年間使っていました。

毎月1万円いくかいかないかくらい。

・・・基本料はそこまでじゃないけど、

なんだかんだ細かくとられているのがわかります。

 

これまで、毎日使うし、やっぱり通信の質は大切だよなと思って

変えるのを躊躇していました。

 

ただどんなMVMO(格安スマホのこと)があるのかを

勉強の意味でも知りたいと考えていたので

有楽町付近をかたっぱしからまわりました・・・

 

大手キャリア直轄の格安は、料金はあまり変わりそうになかったのですが

あまりにも料金がちがった&都心にいることが多いから心配ないだろう

ということで、キャリアの変更を決意・・・

 

今もっているiPhone6にあらたなsimをいれるには、

(おそらくその時点では、)mineoだけだったので

mineoにしました。

 

手続きも簡単で、すぐにできました。

スマホのバックアップを忘れて、そこは残念なことになりましたが・・・

 

ひとつ、重要だとおもったのが、

大手のキャリアを使いつづけていると、なんだかんだで

めちゃくちゃポイントがたまっているので

それを使いきってから解約したほうがいいということです。

 

そこらへんは、収益化?しているブログがすごく詳しく解説してくれています。

 

解約金と、電話番号移行料?と、

あらたなキャリアに支払う事務手数料は

けっこうかかりましたが、

 

料金は今までの4分の1程度になり(!)通信の質に関しては

普通に使う分にはほとんど問題なし。

 

しょうじきこれまでたかい金を払っていたのが・・・という感じです。

 

災害などが起こると、大手のほうが対応がいいのかな?

すくなくとも、とにかく普段使いに関しては問題ないです。

サービスも、いい意味でシンプルでよいです。

① について

① 家計簿アプリで現状はあく

 

まず、固定費を考えるうえで、

何にいくらかかっているのかを正確にはあくする必要がありました。

 

家計簿アプリに関しては、情報がとられるってあやしいな〜

という気持ちもあったんですが、

 

www.youtube.com

 

調べていくなかで、この動画に出会えて、すごく信頼感をもてたので、

マネーフォワードさんを使ってみることにしました。

 

・・・宣伝ではないし、家計簿アプリはいろいろあるそうなので、比較してみてください

わたしは、そこの比較の時間は費用対効果わるいかな、と思ったので

この動画との出会いと、有名だということで、これにしました。

 

口座、クレカはもちろん、

電子マネーやポイントカードに関しても、

現在使っていないものまで、かたっぱしから連携させてみました。

 

そしたら、まあ、溜まってるのに使ってないポイントがたくさんあって、

有効期限までわかっちゃうので、おお!と

 

ポイントだけで、ひと月持ちそうなぐらいでした。

ただの学生にも、思わぬ資産が眠っているものです。

 

そうしたものを表に出してくれただけでも、利用価値があったとおもいます。

 

いまでは、一日数回チェックすることで、節約意識も高まっています。

生活の合理化について

社会人になって仕事がいそがしくなってしまうと、

それどころじゃなくなるよなあと思って、

 

いろいろ調べてみて、やったこと

 

① 家計簿アプリで現状はあく

② 大キャリアから格安スマホ

(ギガ数が不足&外でpc使うのでルーターを契約)

③ 電気・ガスの切り替え

④ ポイント経由サイトで色んなものを登録

⑤ メガバン以外の銀行口座の開設

⑥ 証券口座の開設

⑦ 通学の最適化?

 

これら一つひとつについて、

感想をのべていきたいとおもいます。

 

やってみて、大体のことは

今のところ上手くまわっているように思います。

 

学生の身分だと、バイトにも収入の壁があるし、

たかい学費を払っているわけで、勉強第一だという考えがあるので

 

自ずと支出を削る方向に意識がいきます。

とくに、やはり固定費。

 

そういうライフハックのようなものを

徹底的に調べることで、世の中のしくみに関心をもち

あらたな思考の水脈ができたというか、

「ほ〜」ということも多かったです。

備忘録をかねて・・・

こんにちは。

 

自分なりに探したり、確立していったライフハックを中心に

特に、生活まわりのことにかんして、

 

備忘録も兼ねて、

ゆるゆると書き溜めていこうと思っています。

 

私は、いま20代です、

中高時代は、リーマンショック政権交代による

たいへんな社会の不安定を目の当たりにしてきました。

 

もちろん、社会や経済のことなどほとんど関心がなかったのですが

当時の株価はおそらく6000円くらいだったと思います・・・

今は23000円くらい

もちろん、一人ひとりの努力はありますが、景気の循環や政府次第で、

ここまで変わるものかと、驚いています。

 

なんとなく、社会や経済についてわかってきた今、

その時の社会状況を書きとめておきたいという思いもあります。

 

いくら景気が良くなっても、

ピケティの「21世紀の資本」にも書いてあるように

株や不動産などの資産を持っている人はその恩恵にあずかれるものの、

ほとんどの庶民には関係のないことなんだと思います。

 

今は、異次元の金融緩和、株高もここらがピークだとかいわれて、

高値づかみな気もします。

なので、「東京五輪が終わるまで、待つかなあ」

などと考えたりもします。

 

でも、できることから、ひとつひとつ積み重ねて、

いつでもチャンスをつかめる環境はつくっておきたいなと思っています。